ウレタン防水 屋上通気緩衝工法(PKGゼロ工法)


穴の開いた部分は、ウレタン塗膜防水材と下地が密着しているため、安定した接着力を有し、耐久性に優れます。

また、シートが複層構造になっているので、下地の挙動を緩衝して防水層の破断を発生しにくくします。


施工例





通気緩衝工法(PGGゼロ工法)


CAマットGは、シート構成材に改質アスファルトを採用し、単独でも十分な防水性能を持たせました。ウレタン塗膜防水材との組み合わせにより、複合防水工法としてウレタン塗膜防水工法の性能を飛躍的に向上させることが可能です。


施工例




通気緩衝工法(PBGゼロ工法)


ポリエステル不織布と粘着ブチルから構成される通気緩衝工法シートです。表層の特殊フィルムは十分な撥水効果があり、施工中の降雨の影響を受けにくくなります。不織布の柔軟性や粘着ブチルの接着力により各種下地になじみやすく、下地追従性、通気性に優れたウレタン塗膜防水工法を形成します。


施工例




ウレタン防水 共通立上り工法(PV工法)


共通立上り工法は、平場の密着工法・通気緩衝工法・機械的固定工法の立上り部に共通する、立上り専用の工法です。

防水層の厚み確保および補強のためにクロスを併用することも可能です。

(通気緩衝工法および機械的固定工法の立上りは、必ずクロス入り仕様です。)


施工例





※以上の工法は一例です。既存の下地などにより、技能士が最適な工法をご提案させて頂きます。

ECO仕様(環境対応)もあります。