FRP防水 屋上 RD-1工法 〈通気緩衝屋上防水仕様〉


特殊通気マットを仕様する通気緩衝脱気システム

通気性を有する不織布を使用したFRP緩衛脱気工法です。

下地に水分が予想される場合に効果を発揮します。

RDマットが下地の水分を通気するため、防水層の膨れを防ぎ、また下地の挙動を緩衝するため、亀裂も防ぎます。


施工例





FRP防水 屋上 RP-1工法 〈超軟質複層防水仕様〉


コンクリート建築物の屋上防水に

超軟質ポリエステル樹脂と弾性FRP防水層の複層構成により下地挙動に追従し、FRP防水層を安全に保持。

大面積のコンクリート下地において、優れた性能を発揮します。


施工例




※以上の工法は一例です。既存の下地などにより、技能士が最適な工法をご提案させて頂きます。